おすすめ
スポンサーリンク

 

弁当屋が一日にどれぐらいの売上があれば利益になるでしょうか?
結論から言うと、損益分岐点の計算をすれば、1日に必要な売上高が計算できます。
そこで、大事になってくるのが経費の計算です。
え?そんなこと知ってる?
そんなことよりも、弁当屋を始めてどれぐらいの売上で成り立つのか知りたいって?
なるほど、結論を急がれていますね。
では、最低限の弁当屋の例を作って計算してみましょうね!
まずは、例題になる弁当屋の定義です。
弁当屋の名前は、「なお吉弁当」(架空の名前です)。
なお吉弁当は、まだ開業していませんが、予測される経費は出ています。
「なお吉弁当」予測する経費
【変動費】
材料費は、売上に対して35%
【固定費】
人件費   30万 ←自分の給料
家賃    10万 ←これぐらいの規模で考えます
水道光熱費 5万   ←適当に設定
その他の経費15万円。
合計60万円(固定費)

こんな感じでいきましょうか。

なんか少なすぎる気がしますが・・・かなり最低限の設備と経費って考えていきますか。

自分の給与しかないので、自分一人のワンオペ状態。

大変ですが、弁当屋は一人から始めるケースがほとんどなので、これで計算してみましょう。

 

この記事を読んでいただけたら、1日に必要な弁当売上が理解できますよ。

この記事に書いてあること
・弁当屋の1日の売上と食数
・赤黒トントンは1日に何食か?
・損益分岐点の改善方法

弁当屋は1日いくらあれば利益が出るのでしょうか?

なお吉弁当の損益分岐点

損益分岐点=固定費600,000円÷(1-変動費0.35)

損益分岐点=923,076円

税とか、計算に入れないで月/923,076円でトントンです。

営業日数は25日

ということは、1日/36,923円

意外と売上高少ないって思いません?

これなら売れる商品作れば行けるんじゃない?って思っちゃいますね(笑)

食数に換算すると1日何食売れば利益が出るの?

材料費が35%で売りやすい弁当と言えば500円弁当。

ということで、500円で計算してみると

36923円÷500=約74食

500円弁当なら74食以上販売すれば利益が出ます。

私の体験談ですが、街中で駅弁スタイルで弁当を担いで企業を一軒一軒飛び込みして売れば、午前中だけで74食は売れますよ。

まぁ、飛び込みする営業する勇気があるかどうかですが(笑)

ちなみに、飛び込み営業は「俺はいいことしているんだ!」って自分に暗示をかけて私は突っ込みます。

一応、損益分岐点の計算式

商売するなら損益分岐点の計算方式は頭に入れておくべきなので、計算式書いておきます。

損益分岐点の求め方は、

損益分岐点の計算式
損益分岐点 = 固定費 ÷ { 1 ―(変動費÷売上高)}

変動費は、弁当屋の場合、材料費と考えるので、原価率35%が理想的なんじゃないかなぁ。

でも、ロスとか考えると35%で計算していても38%とかいっちゃうんですよね。気を付けないといけないポイントです。

それと、今回の「なお吉弁当」の固定費は60万円ですが、これはちょっと経費としては少ない方だと感じます。

ですので、固定費は、弁当屋ごとに違う為、一概には言えないっす。

スポンサーリンク

弁当屋の売上は1日にいくらあれば利益がでるのか

先ほどの「なお吉弁当」の経費計算で行くと、損益分岐点は1日/36923円です。

ただ、1日/36923円では、トントンなので儲けを出したいですよね。

だったら、狙うは1日/5万円!ってどうですか?

500円の弁当なら1日/100食!

行けそうじゃないですか?

 

5万販売を成功させれば、利益は1日/13077円です。

50000-36923=13077  1日/約13000円の利益です。

25日計算してみてください。

月/325000円ですよ。

年間利益は、390万円!儲けられるんです。

毎日5万円売る、500円の弁当なら100食売るってことです。

それで、大きな利益を残すことができるんですね。

だから、「なお吉弁当」の場合の損益分岐点なら1日/5万を目指したい!っていう私は思ってしまう。

 

だったら、1日/5万円の売上の作り方を教えろよって話になります。

その為の「弁当屋のガイドブック」でもあるので、隅々まで読んでほしい。

まぁ、結構誤字脱字があるから読むのも大変でしょうけど(笑)

損益分岐点の改善方法(弁当屋バージョン)

もし、もう弁当屋やっていて利益を改善したい!って言う人は損益分岐点から考えると頭の中でスーッとやる事が入っていくと思いますよ。

一応、損益分岐点の改善方法なんかを書いておきます。

損益分岐点を改善する方法は、2つあります。

売上を増やす

経費を下げる

売上を増やす方法

売上を増やす為の方法は、いろんな記事を書いたのでそれを参照してほしい。

弁当屋が安定して売上を作り、継続的に利益を出すマーケティング方法!

1000円以上の弁当を誰が買うのか!私が知っている情報を公開!

「食宅便」に学べ!高齢者弁当、今の時代は冷凍!凍らす弁当最強説!

【初心者向け】弁当屋が教える「おせちビジネス」始め方講座!

経費を下げる

経費の中にも、固定費と変動費がある。

変動費は、材料費として考えます。

弁当屋の場合、変動費は35%が理想的です。

しかし、35%以下で弁当屋のビジネスを考えると普通の弁当販売では不可能かもしれない。

けど、世の中、35%以下で弁当屋をやっているビジネスモデルがあるので、それを参考にしてほしい。

以下が、その事を書いた記事ですので読んでほしいです。

弁当屋ビジネスを成功させる方法!高齢者弁当ビジネスモデルの真似を推奨!

 

それと、固定費を下げる方法は、いろいろありますが、けっこう頭をひねらないとできないものです。

閃き1つで状況は変わるんですが、その閃きがなかなか出ないものです。

例を書くと、

車を使わない弁当配達。

広告代を圧倒的に少なくする為、SNSを活用する。

事務所を持たない弁当屋。

など、無謀なことを書きましたが、普段使っている目線を変えないと固定費は減らない。

 

ちなみに、経費を削減したいからって人件費を必要以上に削減することは推奨しないです、私。

弁当屋の人件費率!人件費率を下げれば「儲かる」は嘘の理由!の記事でなぜ私が人件費の削減を推奨しないのかを書いているので是非読んでほしい。

先に言ってしまうと、「弁当のクオリティーが下がるだけ」なので、やめた方がいい。

1日5万!材料費35%で、儲けられる!

どうでしたか?

「なお吉弁当」の例で見ても、材料費を35%を維持しつつ、売上を5万円ずつ作っていくビジネスモデルで、弁当屋は利益が出ましたよね。

でもですよ、別に弁当屋にこだわる必要性はないと思うんですよね。

私が言うのもなんですが(笑)

 

極論ですよ。

固定費が月/60万で、変動費率が35%、という経費構成ならですよ、飲食のビジネスモデル近い商売あると思うんです。

だから弁当屋である必要はないと私は思ってしまうんです。

弁当の良いところは、「デリバリーが出来る」とか「テイクアウトが出来る」とかそんなところです。でも最近はウーバーイーツなんかがあるので、配達してくれるし。

だったら、フランチャイズの窓口なんかで似たビジネスモデルを拾って焼き直しをしたビジネスなんかもいいと思うし、もうフランチャイズ契約してやった方が利益が出しやすいんじゃないかなぁって思ってしまいます。

だって、フランチャイズ資料には、利益が出る仕組みが書いてあるので「どうやって売ろう」ってビジネス考える必要が減るし。

時間があるならフランチャイズ資料なんかを取寄せて、「へーこんなビジネスあるんだぁ」って知ることも大事だなぁって思います。

まぁ、弁当屋ビジネスでも、1日5万ぐらい売れば商売になるんだなぁって思っていただけたら幸いです。

では!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事