弁当屋のホームページのキーワードは地名を入れる、3つの理由! | 儲かるお弁当屋さん開業

弁当屋のホームページキーワードは地名を入れる、3つの理由!

弁当屋のIT
スポンサーリンク

弁当屋のホームページキーワードは地名を入れる、3つの理由!

なお
なお

最近では、弁当屋のホームぺージは必需品ともなってきています。

ホームページには、検索を助けてくれるキーワードって言うのがあります。

例えば、「弁当」「唐揚げ」「仕出し」「特注」など

多くのキーワードがあって、それを設定することによって検索流入がはじまり、お客様がインターネットから見ることが出来る仕組みになっています。

キーワード選定は、自分のお店のページを見てもらうためにも必須と言えます。

 

かんちゃん
かんちゃん

じゃぁー弁当屋さんはどんなキーワードにすればいいんですか?

なお
なお

私がお勧めしているのは、

「地名+弁当屋」だと思っています。

その理由は、

✅地名を入れた方が、濃い検索の可能性が高い

✅エリア外からの検索を除外できる

✅地名を売りにできる

こんなところです。

今日は、その理由を書こうと思います。 

 

地名を入れた方が、濃い検索の可能性が高い

濃い検索って言うのは、目的がはっきりしている検索ということです。

地名を言えることによって、その場所を特定されるわけですから、キーワードの検索目的はハッキリしてきます。

例えば、

「東京 弁当屋」

だったら、もう東京の弁当屋しか目に入っていませんよね。

そこに、大阪の弁当屋が検索に乗っかってきても、お客様からしたら、「なんだこれ」ってなるだけです。

要するに、検索に意味がなくなるわけです。

自分が検索している立場だったらわかると思いますが、検索するときのキーワードには、検索意図というものが必ずあります。

それが、最初「弁当屋」というザックリとしたキーワードだったら、まぁ有名店がズラッと並ぶだけで、地域は特定されません。

しかし、次に必ず、弁当屋を検索する人は地域を入力するはずです。

それは、「弁当屋」と「地域」は切っても切れないキーワードの仲なんです。

ですので、ホームページに設定するキーワードは地名を入れることは、濃い検索ができるということになるんです。

エリア外からの検索を除外できる

これも、先ほど言ったことの延長の話なんですが、東京に住んでいる人が「弁当屋」で検索したときに、大阪の弁当屋の事が検索結果に出てきても、意味がないんです。

だって、東京に住んでいる人が、大阪の弁当屋に持って来いって言えないわけですから。

なので、ある程度意味もない検索からの除外が出来るわけです。

 

ただ、キーワード選びに必要なのは、検索する人の事を考えるということです。

東京都に住んでいる人は、細かく町を指定してきます。

検索するときに「弁当屋+新橋」になったりします。

検索意図は、新橋近くの弁当屋を探しているってことでしょう。

この様に、検索する人の考えを読み解いてキーワードを選定するべきなんです。

 

自分の住んでいる地域がどのような地名で呼ばれているのか。

それを考えていくのが、検索意図に近づいていく方法です。

誰かに聞くのも方法の一つです。

アイディア1つで検索流入は変わってきます。

是非、素敵なキーワードを見つけてください。

地名を売りにできる

地名を入れると、うれしい特典があります。

それは、地名でお客様が覚えてくれます。

「○○の弁当屋ってあそこだよね~」

って地名で覚えてくれるんですよ。

 

そうなると、お客様の記憶には残りやすいです。

残りやすいってことは、買ってもらえる確率はグンっと上がります。

アムツールの法則って知っていますか?

AMTUL

A (aware)   認知(告知) 100%

M(memory)  記憶     80%

T(trial)    試用     50%

U(usage)    使用    20%

L(loyalty)    愛用     5%

隣のパーセンテージは、お客様が残ったパーセンテージです。

告知等で認知され、記憶に残ったのが80%の人で、試しに買ってくれたのが50%の人で、その中でも使用してくれたのが20%。

愛用してくれた人は、5%という意味です。

このアムツールで言いたいことは、認知(告知)をすればするほど愛用者は増えるってことです。

どれだけの人の目に触れることができるかが、商売の決め手とも言えます。

 

要するに、記憶に残る数によって確率は上がっていくんです。

だから、記憶に残ってもらえる弁当屋になっていかないといけなんですよね。

なので、弁当屋のキャッチコピーではなんですが、○○の弁当屋さんって地名を入れるのも手ではありますよ。

ホームページのキーワードに地名を入れよう!

以上のように、キーワードに地名を3つの理由を書いてみました。

✅地名を入れた方が、濃い検索の可能性が高い

✅エリア外からの検索を除外できる

✅地名を売りにできる

です。

是非とも、自分の住んでいる地域をキーワードを入れて、ホームページの活用をどんどんしていってください。

これからは、ホームページが武器になる時代です。

ホームページで、お金を発生させるそういう時代です。

ホームページを見てもらって購入に繋げないといけません。

どうやってやるかは、自分のアイディア次第です。

弁当屋のIT
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました