売れてる証拠!売れている弁当屋はゴミが少ない! | 儲かるお弁当屋さん開業

売れてる証拠!売れている弁当屋はゴミが少ない!

弁当屋の儲けの秘訣
スポンサーリンク

売れている弁当屋の話

売れている弁当屋はゴミが少ないのはなぜ?

理由1:売れているから捨てる食材が少ない。

弁当って、売れないとどうなるか知っていますか?

 

そう。

ゴミ箱行きです

そりゃーそうですよね。

期限が過ぎた弁当を食べて腹痛になっても困りますからね。

 

でも、売れる弁当屋は違う。

圧倒的に捨てるゴミが少ない

それは、

売れてお客様のお腹の中に行くからだ!

食べてなくなるのが一番いい。

ゴミ代も安くて済みますからね。

 

飢餓で苦しんでいる人たちもまだまだたくさんいます。

なので、お弁当屋は、出来る限りお客様が「おいしい」って言ってもらえる弁当を作るというのは、『弁当屋の責任』だと私は思います。

美味しい弁当で誰もが食べたい物だったら、どれだけ、食料が無駄にならないか。

無駄にしないためにも、美味しい弁当を是非作っていきましょう。

理由2:売れているから在庫を持たない。

売れていると、在庫がいらないんですよね。

その日に仕入れたものが、弁当となり、すべて売れる

だから、在庫が必要性がないんです。

トヨタ自動車の看板方式みたいなもんです。

 

逆に、売れない弁当屋は、冷蔵庫や冷凍庫が大きい。

これ残ったからとっておこうって・・・。

在庫が溜まるぐらいなら、全部売ってしまった方が、効率はいい。

在庫を管理する手間がなくなりますからね。

大きな冷蔵庫もいらない。経費がかかるし。

在庫で抱えることが一見お金を大事にしているようにみえるが、実は無駄だらけ。

こういう風にはなってはいけない。

理由3:計算して販売している。だから利益も出る!

売れる弁当屋って言うのは、自分が作る能力の限界まで売らない

ここで、終了。っていう位置を決めている。

終了ということは、すでに利益が出ている証拠

なので、これ以上の追い打ちは必要ないのです。

 

もちろん、お客様から言えば、「もっと作ってよ!」って思うかもしれない。

 

しかし、それでいいんです。

そのお客様は次の日買いに来ます。

絶対に来るので心配はいらない。

むしろ、そういうお客様がもっとお客様を生む。

「昨日買えなかった弁当がやっと買えた!」ってSNSで流したら、気になる人は絶対にいる。

そういうところがお弁当屋にはいいんです。

なので、無理やり作って売ってしまおうって行為はやめた方がいい。

 

香川県に行った時に、「せっかく来たからうどん屋に行こう!」となり、行くことに。

それが確か夕方の5時ごろ。

携帯で調べて行くんですが、どこもかしこも「close」。やっていない。

うどんを食べないで帰った覚えがあります。

これは、うどん屋さんが売るうどんの数を決めているからです。

こんなけ売ったら今日は終わり。って。

それ以上売る必要はないってことです。

それぐらい、利益に対してきめ細かにやっているのを見て、「すごい徹底ぶり!」って感動したものです。

 

弁当屋も同じで、上限を決めて仕事を行うと利益が出やすいと私は思います。

売れないのに無駄にパートさん雇うのも馬鹿らしいし。

何事も計算してやっていきましょう。

そうすれば、ゴミも出ない。

まとめ

以上のように、売れる弁当屋って言うのは、ゴミの量が圧倒的に少ない。

儲かってる証拠です。

だいたい、買ったものをゴミ箱に入れるって、その事こそ無駄。

お金をゴミ箱に入れているようなものです。

だったら、弁当屋なんてやらない方がいいと私は思います。

弁当屋の責任は、「美味しい料理を作ってお客様に最後まで食べてもらう事」だと私は思います。

是非とも、お弁当屋さんには美味しいお弁当を作ってほしいです。

 

それと、書いていて思ったんですが、売れている弁当屋を調べるには、ゴミ屋さんを尋ねたらいいかもしれない。

どこのお弁当屋さんのゴミが少ないか調べれば売れている弁当屋が分かるかもしれない。

弁当屋の儲けの秘訣弁当屋は儲かる話
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました