弁当屋で儲けるなら、原価計算の考え方を決めよう! | 儲かるお弁当屋さん開業

弁当屋で儲けるなら、原価計算の考え方を決めよう!

弁当屋は儲かる話
スポンサーリンク

弁当の原価、ちゃんと考えて決めてますか?

原価計算の考えなしで弁当を販売すると、安売り弁当しか売れない弁当屋になってしまいますよ。

安い弁当では、一生弁当屋では儲けることは出来ません。

でも、大丈夫。この記事を読んでいただけたら、正しい弁当の原価率が理解できます。

弁当屋で圧倒的に儲けたいなら、原価計算についての知識が大事ですし、考えをもって弁当屋をするべきでしょう。

今回の記事では、弁当屋の基本「原価計算」について書いていきます。

この記事で、理解できる事

・弁当の原価率

・圧倒的な原価率の弁当屋たちの紹介

・弁当屋ごとの原価率の理由を考察

・原価計算の考え方

・古い弁当屋の現状を見る

 

飲食店オーナー向けの開業支援サービス

 

資金調達、集客、リピート対応、会計/税務支援

飲食店経営をトータルにサポート

 

飲食店の資金調達・会計支援は、クロスポイントにまるごとお任せ!

月額5,000円~という業界最安級の価格で、高品質のサービスを提供

 

弁当屋の原価率

基本的な弁当の原価率は、35%から45%の間です。

原価率は35%の弁当屋もあれば、45%の弁当屋もあります。弁当屋によって原価率は違うんです。

弁当屋の原価率の出し方は、

原価率=材料費÷売上高×100 です。

例として、弁当の材料200円で仕入れて、500円で販売した場合

200円÷500円×100=40%

「じゃぁ儲けるにはどっちがいいんだ?」って言われるなら、もちろん、原価率35%に決まっています。

しかしながら、不思議ですよね。

なんで、45%の原価率でやっている弁当屋があるのか・・・儲けたいなら、普通45%の原価率なんてやらないですよね?

これには、いろんな理由があると思います。

・お客様にたくさんの量を食べてもらいたい(材料費が増える)

・原価高騰の波にのまれる(材料費が増える)

・お客様の為に弁当を安く売りたい(売上が少なくなる)

・競争に巻き込まれ、安値でしか売れない(売上が下がる)

理由を見てみると、確かに経営者の想いも含んでの原価計算の考えだとは思います。だから、原価率を高くすることに対して否定はしない。

しかし、弁当屋で難しいのは原価率を下げる事。

弁当屋の原価率35%は非常に努力がいる数字で、一生懸命考えないとできない。

逆に、原価率45%の弁当は、誰でも出来てしまう弁当でもあります。

どこかのコンサルタントは

包材込みで弁当の原価率を35%以内のビジネスモデルをしなくてはいけない

とか言っていました。確かにそうなんですが、ビジネスモデルの例ぐらい教えてほしいものです。

結果が35%で、プロセスはどうなんだ?って話です。どんな弁当を販売するかによって、弁当の原価率は大きく変わってくるのに結果だけ「こうしろ!」って言われると正直困ります。

ですので、今日は、原価率35%の弁当屋の例を持ってきました!

まずは、儲ける為にも、圧倒的な原価率をたたき出している弁当屋を知ってもらいたいです。

そして、ビジネスモデルを明確にして進むことが大事です。

無暗に弁当屋をやっていても絶対に儲けられません。

弁当屋の方向性をきちんと決めて、原価率を決定し行動する必要があります。

次は原価で儲けるなら何パーセントの原価率がいいのか説明したいと思います。

弁当屋は儲かる話
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました