【全国の弁当屋を知る】安い弁当販売をTwitterで調査! | 儲かるお弁当屋さん開業

【全国の弁当屋を知る】安い弁当販売をTwitterで調査!

弁当屋のコラム
スポンサーリンク

全国を歩いて弁当の調査をしていたら、何年も時間がかかってしまうので、Twitterで調査をすると、こういう時に便利。みんさんは、Twitterをやっていますか?Twitterとは自分から情報を発信したり、みんながつぶやいたコメントを受信ができたりするツールで、全国の人たちと友達にならなくても、検索するだけで情報が手に入ります。

なお
なお

今回の調査対象はTwitter上の「安い弁当」です。

果たして、どこまで安い弁当があるのか・・・それは食べたいものなのか。検証するのも大事な研究材料となります。高い弁当を販売するにも安い弁当も知らないと作れませんからね。安い弁当から高い弁当まで全部見て、自分の中に基準を作ることが大事です。

今回の記事では、Twitter上で安い弁当を探して、考察していきます。最後まで読んでくださいね。

この記事で分かる事

・全国の安い弁当に付いて

・弁当の原価



【売れる商品写真の撮り方講座】

博多駅にある総菜屋さんの400円弁当

なお
なお

まず、博多にあるという400円のお弁当を見てみましょう。

三色ご飯に、ハンバーグと何かフライが入っています。サイドには、漬物と春雨の惣菜が入っています。この弁当で400円前後。このTwitterをつぶやいている人も、「安い」と表現しているので、満足していることが分かります。

まず、原価を計算をしてみると、ザクっと見て130円前後です。400円という販売価格なら、原価率は約32%です。原価率は35%以内が理想ですので、弁当屋にとって儲かる商品になっています。

この弁当の良いところは、三色ご飯という手間をかけているところでしょう。普通なら梅干しをポンっと入れて終了です。そこを三色を入れているところが素晴らしいポイントです。そして、極力安い弁当箱を使っているのも素晴らしいです。この弁当箱は、安いんですが、丈夫で使いやすく盛り付けやすい。私も使っている弁当箱なのでTwitter上で出会うとは思いませんでした。

それと、良いポイントはまだあります。それは、販売している場所が博多駅という立地条件です。普通なら、「立地がいいから高く売ってやるか」って気持ちにもなってしまいますが、400円と買いやすい値段設定をしてくれています。もっと高く売ればいいのにって思う反面、真面目な経営者がやられているのは間違いないです。これも、お客様にとってプラスポイントでしょう。

それと、色合いも考えて盛り付けていると私は感じました。タルタルソースの上に「もみじ」のバランをのせているのが証拠です。安い弁当なら別にいっかって思うところを、色合いまで考えて盛り付けている。そういう気配りを感じる弁当です。素晴らしい!

「555円の1kg弁当」と「200円弁当」

パンチがある弁当屋さんを見つけたので紹介します。しかし、どこにあるかは書いていないのが残念。

555円のお弁当は突っ込みどころがたくさんある弁当です。写真に写っているのは、おかずのみで、ご飯はどうやら別にあるらしい。名前も、「1kg弁当」とインパクトが凄すぎ。(弁当の名前が覚えやすい!)

まず、原価計算をしようと思ったんですが、弁当箱の中におかずがパンパンに入っている為、写真では原価計算が困難・・・・ですが、ご飯を入れて250円ぐらいでしょうか。売値が555円の場合、原価率45%の弁当ですので、まだ許容範囲と言えます。

弁当の名前もインパクトがありますが、弁当の見た目も圧倒的なインパクト。こんなにご飯を食べたいのか?って、疑問に思うところもありますが、値段を考えると安いというインパクトは残せます。

そして、555円の文字もいいです。どの弁当も555円!「この弁当は555円だよ!」って覚えやすいのでお客様の印象に残りやすいと言えます。

もし、このような弁当が作りたい場合、弁当製造でも手間がかかることは忘れてはいけない。揚げ物だけでも、たくさん入っていますよね。他にもシュウマイやハンバーグ、よく見ると煮ものも入っています。手間は半端なくあるので、製造に時間がかかることは間違いありません。

それと、真逆の弁当が200円弁当です。

何だこのシンプルさは。本当に同じ弁当屋の弁当なのか疑問になります。原価計算をすると、どの弁当も100円以上はかかっていますので、原価率は50%以上になります。あまり、他のお弁当屋さんの悪いところを言いたくはないが、言った方が皆さんの為にもなるだろうか・・・、勉強になると思うので言ってしまおう。

ハッキリ言って、儲からない弁当です。あぁ、言ってしまった。

在庫処分で販売する分にはいいかもしれませんが、200円という値段はインパクト大です。もし、この店が350円の弁当を出そうものなら、「高い!」と言われる可能性もある為、今後の展開にも問題があると言えます。

だったら、先ほどの555円の弁当をガンガン販売していた方がいいと言えます。

京都で一番安い250円弁当

京都のお弁当屋さんは、250円弁当を販売しているようです。お箸にも「250円弁当」と書いてあるので、基本方針から安く販売する気満々です。

この弁当の凄いところを言うと、エビフライを豪華にも2個も使っているところでしょう。こういうエビフライって値段が実は結構高くて、弁当に入れると原価率がグッと上がる食材なんです。それを、ズバッと入れているところがポイントです。この弁当の原価計算をしてみると、150円ぐらいで出来ています。よって、250円で販売すると原価率60%。100円しか儲からない弁当です。

私の原価計算の方法がおかしいのでしょうか・・・自信がなくなってしまいますが、きっと150円ぐらいで作られています。

それと、器のサイズが少し大きいんですよね、コレ。だからご飯もしっかり入りますので、男の人がお客様でもお腹いっぱいになる弁当です。

250円で販売するにはもったいないぐらいのお弁当です。「もっと、原価を考えた方がいいのでは?」と、余計なお世話を言ってしまいそうですが、このお弁当屋さんの価値観なんでしょうね。是非、250円で貫いてほしいものです。

安い弁当を参考にするポイント!

安い弁当の中にも、参考になるポイントはたくさんあります。例えばこんなところは参考になるはずです。

・使っている器

・売り方、見せ方

・ネーミングのキーワード

・使っている食材

・調理方法

今日紹介した弁当は、安く売る為に、安く売る為の努力をしている弁当です。参考にできるところ吸収して、高い弁当に繋げるのも大事なことです。特に、ハングリーに売る姿勢は、見習った方が絶対にいいと感じます。

良いか悪いかわからないのですが、どこか崖っぷち感があり、落ちてたまるか!っていう気迫を感じる弁当でした。弁当の中身も大事ですが、精神も学ぶべきポイントであったと言えます。

 

写真の撮り方を学ぶなら撮影教材!

 

筆者も写真教室に通うことなく撮影技術が身に付きました】

初心者でも解説に従って撮影すれば、魅力的な写真を撮れる!

 

売れる商品写真の撮り方講座

写真教室に通うより、圧倒的に安いし、上達も早いですよ

 

関連記事:売れる弁当写真が初心者でも撮れる【広告写真のプロが教える写真講座】

 

弁当屋のコラム
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました