弁当屋を開業して失敗したなぁって思う3つの事!始めが大事! | 儲かるお弁当屋さん開業

弁当屋を開業して失敗したなぁって思う3つの事!始めが大事!

弁当屋開業
スポンサーリンク

弁当屋開業で失敗したなぁって思う3つの事

3つの失敗

私が「失敗したなぁ」って今だから感じることを書いていきたいと思います。

どれも、開業前なら改善可能なことなのでぜひともこの記事を参考にして頂きたいと思います。

建物の構造を失敗する

弁当屋を開業してから数十年。

「あー失敗したなぁ」って思うのが、弁当屋の内部構造です。

 

弁当屋が気を付けないといけない事ってなんだと思いますか?

そう、食中毒です。

建物を建てる前から食中毒対策した構造にするべきなんです。

 

特に、

トイレ環境を良くする。

手洗いをすぐにできる環境作り。

履物を変えないと作業できない環境は作るべきでしょう。

これだけは最初に作っておくべきでしょう。

トイレの環境を良くする

トイレは誰もが使う場所。

そして、食中毒を発生させる場所でもあります。

特に怖いのが「ノロウイルス」。

少量の菌数で発症してしまうのが怖い。

その為にも、トイレ環境はよくするべきでしょう。

 

特に履物を変える事は、かなり効果的な対策になります。

トイレにそのままの靴で入れてしまう環境だと、ノロウイルスが厨房に入ってしまう可能性が出てきます。

それを防ぐためにも、どうやっても、トイレ用の履物に変えないとトイレに行けない環境を作るんです。

どうやってやるかは、それぞれの環境状況があるので一概には言えませんが、一回厨房で吐いている履物を脱ぐことをさせればいいんです。

それと、徹底した教育。

これが不可欠だと思います。

 

それと、トイレの取っ手も気を付けた方がいい。

なるべく取っ手に触らないようなトイレにするべきでしょう。

じゃぁ、扉をつけなきゃいいのか?って言われそうですが、それでは丸見えなのでダメですよね。

これには、かなりの予算が掛かってしまうので、難しいとは思います。

なので最初のうちは、清掃をしっかりして食中毒を持ち込まない努力をするべきでしょう。

手洗いをすぐにできる環境作り

これも、食中毒対策ですよね。

手洗い場を、計算して作っていくんです。

もちろん、シンクはダメです。

手洗い専用で考えないといけません。

一部屋に1か所。

トイレにも1個。入室する前の全室にも1個。厨房にも1個。

全部の部屋に設置を行います。

手を洗う習慣を作れば、食中毒の発生確率はグッと減るでしょう。

それだけでも、リスク対策となります。

重要なことなので、最初にきちんと計算して場所を考えるべきでしょう。

履物を変えないと作業できない環境は作る

汚染区域と清潔区域を同じ履物で出入りをしてはいけないということです。

土足まま調理場に入るのは、土壌菌やその他の菌を調理場に入れているのと同じこと。

それに、調理場の履物で外に出ることも、菌を調理場に入れてしまうのでダメです。

 

では、どうするかと言いますと、

外に出ない構造を作るしかない。

これはかなり難題で、頭を悩ませないといけない事です。

弁当を作ったらその後はどうやって外に出せばいいのかとか、

ゴミ出しをどうしたらいいのか。

食材の納品時はどうしたらいいのか。

など、たくさんの問題が出てきます。

 

ヒントは、ゾーニングです。

部屋あるいは区域によって、汚染区域、準清潔区域、清潔区域の三段階で分けるわけです。

それを、山なりに考えます。

汚染−準清潔−清潔−準清潔−汚染

清潔区域からいきなり汚染区域には行けないような構造にするわけです。

準清潔区域を作ることによってリスクを減らすという考え方です。

立地を失敗する

立地の失敗は、致命傷になります。

これは、本当に苦労した。

私のいたところはどの方向を見ても、住宅街。

何でここに建てたんだろって思うけど、昔は何もないところだったんですよね。

年月が経つにつれて住宅街になってしまったんです。

そうなると、苦情が来るので、余計なダクトや目隠しを作らなくてはいけません。

それに、配達専門だと車の運転を気を付けないといけないし。

配達専門の弁当屋をやりたいなら、最初から工業区域や人が来ない所でお弁当屋を開業するべきでしょう。

試算を失敗する

売上を、夢見る花子さん状態で試算を行うと痛い目にあいます。

開業前って言うのは、売上と経費を計算して儲けがどれぐらいあるか計算しますよね。

その計算が、全く違うという状態です。

私も、何か事業を始めようとするときに、よくお花畑状態の試算をしてしまう時があるんです。

売上はこれぐらいあるよねって思っていても、やってみたらまったくない。

そういう状態で開業をしてしまうと困るのは自分です。

特に売上が作れないとなると、いきなり存続の危機です。

そうならないためにも、どうやって売上を作っていくか最初に考えて行動を起こしましょう。

まとめ

以上のように私の失敗を参考にしていただけそうでしょうか。

私の失敗も何かのお役に立てばとは思います。

無駄な時間を過ごすよりも、営業をして1食でも多く売った方が未来のためになりますからね。

 

弁当屋開業
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました