産業給食業界(弁当屋)が弁当配達代行を活用する前に必ず知っておきたい知識 | 儲かるお弁当屋さん開業

産業給食業界(弁当屋)が弁当配達代行を活用する前に必ず知っておきたい知識

弁当配達
スポンサーリンク

産業給食業界(弁当屋)の仕事内容は、調理配達という大きく分けて二つの側面があります。

調理も配達も両方とも売り上げに大きく貢献してくれる部門で、手が抜けばたちまち信用が落ち、売上は下がっていきます。

調理は、機械化が進み人手不足を解消する構図は出来てきていますが、配達は未だに人がいなければどうにもならない。

ですので、配送の人手不足は会社経営者を悩ませる深刻な問題になってきます。

一昔前は、「時給1000円!」というフレーズだけで、人を集めることが出来ましたが、今の時代は「時給1000円」に魅力はなく、人手が集まりにくい状況。

時給1000円以上の仕事もたくさんある時代ですし、弁当屋も時給も仕事内容も見直す時期に来ています。

そんな人手不足の状況をどうにかしたい弁当屋は、「弁当配達の代行業者」を考えてしまうでしょう。

私も弁当配達代行業者を探して一緒に仕事をさせていただいた経歴があります。

今回の記事では、産業給食業界の人間が弁当配達の代行業者を使ったときの得た知識を書いていきます。

この記事で分かる事

・弁当配達の代行業者について

・弁当配達の代行と産業給食について

・弁当配達の代行の使い方

 

ガソリンカードで、給油を管理!

 

【新会社でも作れてしまう、ガソリンカード】

年会費・カード発行手数料なし!

 

クレジット審査なし!法人ガソリンカード

 

ガソリンカードで、車両管理!

 弁当配送の代行業者の印象とメリット・デメリット

弁当配送の代行とは、自社で作った弁当を、専門の企業に弁当配達を代行委託することで、人手不足の弁当屋にとってはものすごくありがたい存在です。

私も、数社の弁当配達委託をした経験がありますが、このような印象です。

弁当配達の代行の私の印象

✅飲食専用の配送の為、飲食の事はちゃんと知っている。(温度帯とか)

✅料金は、半日で10,000円~とか。高い。

✅車持ち込みでやってくれるので助かる。

✅配送員は、皆さん真面目で時間厳守を守ってくようとする。

飲食の代行を基本としている為、配送時の温度を気にしてくれます。

弁当屋の場合は、低温で運んでいただかないといけないので、それに合わせて配送をしてくれます。そこが、一般の配送業者と違うところです。

弁当配送の代行で働く人たちを見ていると、「時間に真面目」な方が多いのが印象的です。

どの方も、時間に間に合うように一生懸命なため、集合時間の30分前には現場にいてくれます。

これも、弁当屋慣れをしている証拠で、ランチの時間までに配送をしてくれようと必死にやってくれるんです。

ここが、配送代行の素晴らしいところだと私は感じます。

弁当配送代行のメリット

弁当配送の代行を使うメリットは以下の通りです。

弁当配送の代行を使うメリット

✅人手が足りない時に、配送することができる。

✅配送することが出来るので、「配送ができない」という事故が起こらない。

✅配送車持ち込みでやってくれる。

最大のメリットは、人手不足の時に配送をしてくれるってことでしょう。

弁当屋が、やってはいけない事は「配送ができなかった」という状況をつくらないことです。

「人手不足で配送できません」ってお客様に言ったら、速攻で違うお弁当屋さんに変えられてしまい、信用を失います。

ですので、お客様の信用を失うわけにはいかないので、毎日配送員を確保して弁当の配達を行わないといけません。もちろん、弁当を買ってくれるお客様も、そこにメリットを感じているわけで、裏切るわけにもいきません。

ですので、配送代行という手段があることは弁当屋にとって、最後の砦みたいな存在です。

お金を払えば人が確保ができるんですからね。

しかも、配送者も持ち込みでやってくれるので、自分たちの車を使う必要もありません。

弁当配送代行のデメリット

もちろん、デメリットもあります。

弁当配送の代行を使うメリット

✅料金が高い。10,000円~

✅10ヶ所以上の配達箇所は行かせられない。

✅たまに断られる。(予約が埋まったため)

弁当配送の代行の料金は高い。

だいたい、半日で10,000円は超えてきますので、毎日使うと赤字になりますので、ポイントで使っていくしかありません。

しかも、配送代行は人も変ることも多々あるので、10ヶ所以上の配送場所があると配送が遅れる可能性も出てきます。

ですので、産業給食のように、「コースにのせる」事は出来ません。

あくまで、ピンポイントで代行を使用するしかありません。

しかも、代行側の予約が埋まると断られます。

当たり前の話ですが、代行側も人の確保にも限度がありますので、予約順に決定されていくわけです。

ですので、予約を超えると「行けない」ということになり、困ります。

「産業給食」と「弁当配達代行」の相性

産業給食と弁当配達代行の相性は、悪いです。最悪と言っていいです。

デメリットにも書きましたが、10ヶ所以上配達してもらおうと思ったら、それなりの訓練を積んだ人間が毎日配達して覚えていく作業です。

一日そこらで出来ることではありません。

産業給食は、1日で300食とかが普通の配送量ですので、配送箇所が10ヶ所以内では産業給食の配送は出来ないです。

しかも、「配送のプロだから大丈夫だろ」って思って配送代行を使っても、産業給食のような配送をしてもらえることは出来ません。

私も昔、新しい配送員を育てる時に言われた言葉があって、「弁当配達はサーカスだ」って言われました(笑)

確かになぁって腑に落ちた覚えがあります。

でも、それぐらい複雑で精神状態も試される仕事なんです。

ですので、弁当配達をしたことがある人は、有能な人間ばかりだと私は考えていて、頭の回転も良くないと出来ないし、精神状態も維持できないと出来ません。

どんな仕事をやらせてもそん色なくできると私は感じています。

話は戻しますが、配送代行を使うことで半日で10,000円以上の経費が掛かる事を考えると、赤字で走らせる状態になることは誰にでもわかることで、ピンポイントでしか使えないことが分かります。

よって、産業給食と配送代行は相性は最悪だと言えます。

産業給食による弁当配送代行の使い方

産業給食と配送代行が相性が悪い事は、上記で分かって頂けたと思いますが、どうしても使わないといけない時もあります。

どうしてもっていう時の使い方を書いておきます。

1コース分を、2つに分裂させて配送する

どうしても、産業給食の配送1コース分の人手が足りない時、配送代行を使う場合は、配送コースの分裂コースを想定をしておきます。

人手が足りないということを、想定しておくことが大事で、配送代行の為のコースを最初から作っておくことです。

その為、1コース分の分裂を行います。

1コース分、3時間ぐらいで配送するところを、2分割すれば1時間半で配送ができるわけです。

1時間半も余裕が出来るわけで、それを前もって段取りをしておけば配送代行でも配送は可能になってきます。

問題点は、2人分の配送代行を頼まないといけないってことです。

お金はかかりますが、お客様からの信用は維持できます。

経費的には、現実的ではありませんが、お客様を逃がさないという観点では使える手です。

ピンポイントの特注弁当のみに使う

「特注弁当のみ」で弁当配達をしてもらうのは、弁当配達代行側もやりたい仕事でWin-Winになります。

特注弁当は、ピンポイントの発注で1回のみの弁当配達です。

配送箇所も1ヶ所なので分かりやすいので、配送代行に任せることができます。

しかも、特注弁当は値段も高い設定をされている為、数がまとまれば儲けることもできますので、一番いい使い道だと私は考えます。

まとめてみると、ピンポイントで使うのがいい!

弁当配達の代行をまとめると、やっぱりピンポイントで使うのが一番効率がいいと私は考えます。

どうしても、産業給食のコースにのせるというのは、ビジネスモデルとして成り立たないからで、もし、ビジネスモデルとしたいなら、弁当の値段を上げるか、経費を極限に下げるしか方法はないです。

しかしながら、弁当屋の人手不足も待ったなしです。

ですので、配送の人手不足を補う一番いい方法を最後に書いておきます。

それは、配送経験者を調理場に入れておくことです。

もう一度言います、配送員を調理人にするんです。

畑違いであることは分かっていますが、配送経験者を調理場に入れておくことにより、いざ人が足りない時に配送をしてくれます。

もちろん、調理経験も積ませないといけませんので時間はかかりますが、弁当屋にとっては正しい方法です。

もちろん、電話番を配送員にしてもいいです。

ようするに、弁当屋内の2個の仕事を出来るようにしておきましょうってことです。

そうすることにより、弁当屋の人手不足で配送が出来なくなる事故はある程度防ぐことはできます。

一番いけないのは、配送が出来ない状況になる事です。

その為に、事前に何をしておくかが大事ということになります。

 

ガソリンカードで、給油を管理!

 

【新会社でも作れてしまう、ガソリンカード】

年会費・カード発行手数料なし!

 

クレジット審査なし!法人ガソリンカード

弁当配達
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました