累計販売数580万食!(株)メディカルフーズの資料を見て考察! | 儲かるお弁当屋さん開業

累計販売数580万食!(株)メディカルフーズの資料を見て考察!

弁当屋の勉強方法
スポンサーリンク

累計販売数580万食!(株)メディカルフーズの資料を見て考察!

 

なお
なお

今回、(株)メディカルフーズさんから、実際にお客様が手に取る資料を取寄せてみました。

ここでいろいろ発見出来たらなぁって思っての資料請求です。

580万食販売できてるんですから、絶対に学ぶところはありますよ。

最初に断っておきますが、私はメディカルフーズさんの事はあまりよく知らないです。

資料請求できるところから資料を取寄せただけで、回し者ではないですよ。

かんちゃん
かんちゃん

その資料には何が参考になることが書かれていたんですか?。

なお
なお

メディカルフーズの請求した資料には、会社の特長や考え方、お客様に対する想いなど書いてあり、会社ごとの社風が伝わるものでした。

その社風や会社の特長から学ぶものがあり、ご紹介せねばと思い記事にしました。

 

特に今回資料を取寄せて注目したのが、「食と健康社のお食事の、7つの特長」です。

これが、580万食を販売した原動力だと思います。

(株)メディカルフーズさんの資料をもとに、

「ここがすごい!」

「これならすぐにできるんじゃないかな?」

ってところを考察したいと思います。

ちなみに、資料請求は↓からできますよ

シニアのあんしん相談室-宅配ごはん案内-



(株)メディカルフーズの7つの特長

(株)メディカルフーズさんの7つの特長

1.手作りのおいしい家庭料理です。

2.食材は新鮮・安全・安心です。

3.患者さんや医療スタッフの声が生きています。

4.高機能パッケージで冷凍してお届けします。

5.お好みや刻み食にもお答えします。

6.見せる盛付けを大切にしています。

7.ご家庭の冷凍庫に楽々入ります。

(株)メディカルフーズさんは長年医療給食をやられてきた会社で、医療食の分野では知識も豊富。

しかも、体験からの知識なので、ノウハウ的には、実践で使える物ばかりでしょう。

そのメディカルフーズさんが掲げる7つの特長は、一見、簡単なフレーズで並んでいるので、誰でもできるのかな?って思えるものばかりですが、そうではない。

3.患者さんや医療スタッフの声が生きています。」は、医療給食を経験していないと出来ない食事だし、「5.お好みや刻み食にもお答えします。」も、対応を間違えると大変なこと(食中毒や配膳ミス)になるので真似するのは難しいところです。

結構、難しい事をやられているんだなぁっていうのが私の感想です。

「7つの特長」のどこが一番すごい?

私が一番すごいと思ったのは

高機能パッケージで冷凍してお届けします。

です。

これのどこがすごいのかと言いますと、

冷凍してお届け

が、すごいんです。

 

まず、みなさんに知ってもらいたいのが、食品を冷凍するのはむつかしいということ。

最近では、急速冷凍システムが開発され、技術的には簡単にはなってきている。

しかし、食材によっては冷凍すると、とんでもない状態になるものも多々ある。

 

レンジで解凍したら、食品と水分が分離する

解凍したら、色が変色する  など

 

冷凍してお届けするにはたくさんの問題がある。

それを、克服して商品化したことすごい!と正直思います。

 

なぜ、私がそれを知ってるか?

 

実は私も挑戦をしたことがあるからです。

どれだけやっても、解凍後、美味しくできなかったため、商品化できませんでした。

もちろん、急速冷凍システムも取り入れる為、機械も見に行ったぐらいです。

急速冷凍システムも、リースなら手軽な値段で借りることができますが、やはり問題は商品

商品が、まともなものが出来なかったら、商品化は無理です。

 

しかし、(株)メディカルフーズさんのメニューを見て、気が付いたことがあります。

それは、

冷凍しても変化が少ない食材を使っている

ということです。

 

なるほどねって思いました。

食材でも、冷凍してもそのままのものもあれば、まずくなるものもあります。

(株)メディカルフーズさんは、冷凍してもおいしさが変わらない食材をチョイスしたメニューを開発したんですね。

賢い。

 

ちなみに、高性能なパッケージは、お金を出せば買えます。

なので、そこはあまりすごくはないです。

でも、コンパクトに収まる器を採用しているところはいいと思います。

お客様の冷凍庫の保存場所は、幅を取らない方がいいですから。

そういうところでは、いいですよね。

明日から取り入れられるのは、この2つ!

明日からでも出来ることは、この2つ!

 

✅手作りのおいしい家庭料理です。

✅見せる盛付けを大切にしています。

 

この2つなら今からでもできます。

手作りの美味しい家庭料理は、主婦ならだれでもできます。

見せる盛付けも勉強をすればできます。

あとは、それをやるか、やらないか。です。

 

それと、これら2つの事には大事なことが隠されています。

これが結構重要で、なかなかのテクニックだなぁっと思いました。

それは、

1.やってることを文章化して告知すること

2.誰でもできることを、誰でもできないレベルでやる事

では、一つずつ説明していきましょう。

1.やってることを文章化して告知すること

やっていることを、ただこなしているだけでは、お客様は伝わりません。

俺の背中をみて判断しろって言っているようなものです。できるわけありません。背中に文字を書いとけって言いたいですよね。

しかも、書いているのが

✅手作りのおいしい家庭料理です。

✅見せる盛付けを大切にしています。

ですからね。

こういう当たり前のことを書いていくことによって、親近感が生まれます。

食事って、とっても人にとって大事なことで、料理を作ってくれただけでも、感謝に値する事です。

それを、家庭料理とか、見せる盛付けとか、書かれるとビビびってきます。

そして、それを余すことなく伝えていく。

伝えることが苦手な日本人は、もっと積極的に自分がやっているいいところをどんどんアピールすべきです。

だれも、背中を見てお弁当は買ってくれませんからね。

背中で分かるはずもないので、こういう大事なことは言葉にして告知をどんどんしましょう。

2.誰でもできることを、誰でもできないレベルでやる事

家庭料理なんて誰でもできますよね?

家庭料理なんて手作りなのが当たり前だし。

しかーし。

大量に家庭料理を手作りで作れますか?

私は結構大変だと思います。

5000食の唐揚げ弁当を手作りでやるとなると、どれだけの人数と手間が必要か・・・。

なお
なお

唐揚げ弁当で例えるとわかりやすいですよ。

唐揚げ弁当だったら、何個唐揚げがあればいいですかね。

かんちゃん
かんちゃん

5個くらいですかね。

なお
なお

では、5個入れたとしましょう。

1000食分作りたいとします。

1000個×5=5000個です。

1個30gとすると

30g×5000個なので、150kgの鶏肉がいる。

ってことになります。

かんちゃん
かんちゃん

150kg・・・想像できない。

しかも、どうやって調合すれば・・・

なお
なお

ですよね。

想像をはるかに超える量です。

これを、一定の味でいつも通り提供する。

とても生半可ではできない所業です。

なので、誰でもできることを誰でもできないレベルでやるってことは、すごいことなんですよね。

まとめ

以上のように、他の弁当屋さんを見てみると

「私でもできるかもしれない」

ってことがたくさんあり、学ぶこともたくさんあります。

特に今回は、(株)メディカルフーズさんが7つの特長を生かして営業されているのがよくわかりました。

メニューを見ても、ホームページを見ても、一貫性があり、突出した経験値が垣間見れます。

それと、資料が欲しいならこちらから取り寄せることができます。

【宅配弁当】複数のサービスを一括資料請求!

開業するならこういうところからの視点も欲しいところですよね。

また、こういう他社を見る企画をして、他社考察したいと思います。



 

ノウハウ満載!弁当屋フランチャイズ!

 

【筆者も資料請求して、おすすめできると判断】

資料請求は無料!説明会も随時開催!

 

【『ほっともっと』のフランチャイズ】

弁当屋の勉強方法
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました