スポンサーリンク

 

・ID(電子マネー)は使えるのかとお客様に聞かれた

・現金の取扱いって不衛生だと感じる

食店事業者は、キャッシュレス決済は課題の一つ。キャッシュレス決済はCMなどでも取り上げられているので、お客様も支払いの時に「電子マネーで支払いたい」って思っているに違いありません。実際、私も支払いの時に電子マネーで払いたいなぁって言う時は多いです。特に、給料日前とか(笑)

導入するにも機械の取り付けや設定など「難しいんじゃないかなぁ」っていう気持ちのもやもやもあるはずです。

ただ、世界はキャッシュレス決済に傾き、国も町もキャッシュレス決済を後押ししている状況では、より詳しくキャッシュレス決済について知るべきだと私は感じます。

今回の記事では、飲食店のキャッシュレス決済のメリット・デメリットを書いていきます。キャッシュレス決済を導入するヒントになればと思います。

この記事に書いてあること
・キャッシュレス決済とは
・多様化するキャッシュレスの種類について
・キャッシュレス決済のデメリット・メリット
こんなことを書いていきたいと思います。最後まで読んでね!

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、紙幣や硬貨を使わないで、電子マネーやクレジットカードなど現金以外を利用した電子決済の事を言います。
キャッシュレス社会という言葉があるように、世界は現金より電子決済にシフトしています。
理由として、現金を製造流通させるコストを削減させる。使用履歴が残る為、犯罪を防ぎやすい。インターネットを使った商売の決済手段として利便性がある。まだまだ理由はありますが、現金より電子マネーが世界的にシフトしているのが分かります。
お客様も「現金なんて持ち歩くのは面倒」なんていう時代に来ているんです。
そして、なにより飲食店におけるキャッシュレス決済の利便性も高いです。

多様化するキャッシュレス!支払い方法はさまざま!

まずは、キャッシュレス決済について知ることが大事ですよね。

多様化するキャッシュレスの時代なので、どういうものがあるかを少し補足として書いていきます。

先払い方式

先払い方式の代表的なものが「manaca」でしょう。電車で言うなら「Suica」「PASUM」など。私も持っています。電車乗る時便利ですよね。コンビニでお買い物もできるし、現金チャージしなくても現金口座と紐づけすることもできるので自動でチャージしてくれるので利便さは増えていますね。

後払い方式

後払いと言ったら、クレジットカードの支払いでしょう。昔からある方法で、長くキャッシュレスの時代を支えてきた方式だと言えます。ただ、使いすぎる人もいるので信用情報に問題がある人はカードが持てない。それだけ、クレジットカードを持てるというのは「信用がある」という裏返し。まだ、クレジット払いはニーズが高いでしょう。

即時決済方式

即時決済と言えば「デビットカード」。銀行口座と紐づけされているので即時決済となります。

支払方式としては、この3つです。
では次にデメリットから書いていきます。たぶん、デメリットの方が気になると思いますので、先に書きますね。
スポンサーリンク

キャッシュレス決済を飲食店に導入するデメリット

キャッシュレス決済を飲食店に導入する際のデメリットなども存在しています。手数料高いだろうなぁって思ったりしますよね?
主な、デメリットは以下の通り。
デメリット
・キャッシュレス決済には、初期投資が必要の場合も
・決済手数料が高い。けど、・・・。
・支払いサイクルが長く、現金が入ってこない。でも、こちらも、かわす方法が!

初期投資が必要!でも、最近では・・・

キャッシュレス決済の大きな壁の一つに、店舗側の初期投資が多いのでは?って思ってしまうわけです。レジのシステムを変更しないといけない。クレジットカードを差し込むカートリーダーなどを購入しないといけないなど、コストがかかります。
しかし、PayPay(ペイペイ)は初期導入費用は0円だし、入金手数料も0円。決済手数料まで無料です。
凄いですよね。
PayPay(ペイペイ)に関しては、PayPay(ペイペイ)店舗導入の口コミや評判は?デメリットとメリットから見る評価!で記事を書いているので、参考にしてみてください。
最近の流行ではQRコードを店舗に掲示しておくだけで、お客様のスマホで取り込むだけで決済ができる仕組みもあります。えっ!って思いますよね。
レジさえ必要ない時代なんです(笑)
QRコードの掲示だけの決済は、屋台でも導入できるほどの簡単で便利なシステムです。ただ、WiFi環境が必要ですが、
どんな店舗でも導入することが出来るのが、QRコードの強みです。

やっぱり決済手数料高いんでしょ?

昔から、この手数料で「キャッシュレス決済はやめた」って言う人は多いはずです。手数料は、3%~5%が普通であり、安い金額とは言えません。最終利益が3%ぐらいのお店で使えるわけがないって思ってしまいますよね?
しかし、決済手数料に関しては、朗報がります。
PayPay(ペイペイ)は決済手数料が無料なんです。嘘だぁ、って思う人は、PayPay(ペイペイ)のサイトで確認してみてください。
電子マネーに慣れて業務を短縮化出来るとより、店舗に対して可能性を感じる事が出来るでしょう。

支払いサイクルが長く、現金が入ってこない

キャッシュレス決済に対して、「現金が入ってくるサイクル」を考える人も多いかと思います。
現金商売が一番いいですからね。
でも、電子マネーもそこも考えています。d払いなどでは、月に2回のご入金が可能となっています。
15日まで➔当月末にご入金可能!
月末まで➔翌日15日前で五入気が可能!
1ヶ月は待てないけど、15日なら待てるかなぁって思いますよね。
でも、もっとすごいのがPayPay(ペイペイ)です。私はPayPay(ペイペイ)を凄く推していますが、その理由は、入金が毎日される所なんですよね。
ココがペイペイの凄いところだと私は感じます。

飲食店にキャッシュレス決済を取り入れるメリット

次に、飲食店にキャッシュレス決済を取り入れるメリットは以下の通り3つあります。どれも、「そうだよね」って理解できるものばかりだと思いますので、読んでみたください。

メリット
・衛生的に良い!
・レジの回転率が上がる!
・お客様の支払い方法の選択肢が増える!

キャッシュレス決済という選択は衛生的に良い!

まず、「お金は衛生的に汚い」。誰が触ったかわからない天下の周りモノ。お金を地面に落とす人も入れば、トイレの中に落とす人います。どこで、どんな状況だったのかなんて誰も知ることができません。お金には菌が付いています。

飲食店から見れば、現金でお支払いすることにより店舗内に、「得体のしれない菌が付いたお金」が入っていく。お金を触った店員が扉のノブを握ったり・・・。そして、菌は店舗内に侵入していくわけです。

怖いと思いませんか?

お客様から見ても、今の時代は衛生面を見ています。「あの店員さんお金触った手で弁当箱触っているよ・・・」っていう目で見るわけです。店舗的にもイメージダウンです。

お客様の目線から見て、キャッシュレス決済は衛生的に見えます。ここが飲食店にキャッシュレス決済を導入するポイントがあるわけです。

キャッシュレス決済は回転率を上げる!

キャッシュレス決済の良いところは、支払いの時に現金やり取りがない為、レジの回転率を上げる事が出来る事でしょう。

お客様が、カバンの中から財布を探してお金を出すまでは、まだいいです。「細かいお金出させて」なんて言われてしまったら、レジの対応時間がもったいない。しかも、列が並んでいたら、レジの回転率を上げたいのは誰でも思う所です。

ですので、キャッシュレス決済で「ピッ」って終われば、レジの待ち時間は短縮され、レジの回転率は上昇し利便性が上がると言うわけです。

しかも、店舗側にもキャッシュレス決済には大きなメリットがあります。それは店舗運営をしているマネージャーや店長たちの現金管理の時間が短縮されることです。大きな店舗であれば、1日に何度も現金チェックをしてお金が合っているか確かめる事が行われる為、時間がとられます。しかし、キャッシュレス決済をすることにより、店舗のマネージャーや店長は現金業務を短縮することが来ます。

要するに現金決済は、生産性の低下やサービスレベルの低下させる原因を作っているというわけです。

最近では、店舗側がQRコードを提示しておくだけで決済できる仕組みもあります。時間短縮どころの話ではないです。

お客様の支払い方法の選択肢が増える!

お客様の支払い方法の選択肢が増える事は、お客様にお金を使ってもらう為には大事なことです。

クレジットカードが代表的なキャッシュレスで、カードさえあれば支払い出来る!っていう事実はお客様にとってお金を使いやすい状況を作り出していると言えます。クレジットカードやデビットカードは昔からある方法なので、支払い方法としてお客様も認識が強いところでしょう。

私の嫁の話になってしまいますが、お金がない時はクレジットカードが使える店舗を探して歩きます。お金がない時にお金を使わす手段となるわけです。

嫁の頭の中は「後日払えばいいや」って思っているに違いありません。そんな主婦も世の中には多いかと思います。

今の時代は、電子マネーにシフトしている時代。お客様もより多くの決済方法を取り入れています。お客様の決済方法に合わせて店舗側も待つ必要性はあるわけです。

最近では、QRコードの導入された支払いも出来るようになり、店舗側の負担も減りました。今までは、店舗側も電子マネーで決済するためのカートリッジを用意する必要もないわけです。

見極めて下さい!キャッシュレス決済!

はい。今回の記事では、キャッシュレス決済のメリット・デメリットを書いていきました。
世界の流れはキャッシュレス決済に傾いています。もちろん、物を買う側のお客様もキャッシュレスの時代です。現金主義の時代は、終わりを告げて、次の段階の電子マネー時代になっているわけです。国も町もキャッシュレスを後押ししているので間違いはないでしょう。
それに、今後は飲食店は人手確保は難しい時代となってきます。誰もが知っているように少子高齢化の時代で人口が少なくなってきます。その時代に対応するためにも、飲食店ではキャッシュレス化を進めて、無駄をなくし、生産性を高める必要性があります。
確かに、手数料を払わないといけない。システムを変更しないといけない。など、二の足を踏んでしまうことはたくさんありますが、この時代の先のことを考えると、キャッシュレス決済を早い時期に導入するべき事案であるでしょう。
時代を見極めるのは、自分自身しかないので、まずは、資料請求や担当者からお話を聞くなど、アクションを起こしてみましょう。
ちなみに、最後にも推しますが、私が勧めるキャッシュレス決済はPayPay(ペイペイ)です。初期費用も0円なので一度確認してみてください。
スポンサーリンク
おすすめの記事