弁当屋が金融機関に融資を断られたらファクタリングで資金調達! | 儲かるお弁当屋さん開業

弁当屋が金融機関に融資を断られたらファクタリングで資金調達!

資金調達法
スポンサーリンク

弁当屋の皆さん、資金調達は順調に出来ていますか?

このページを見ている方の中には、もしかしたら業績不振や効果租税の未納などを理由に、金融機関から融資を断られてしまった経験の持ち主もいるはずです。

しかも、審査は通っても追加の条件等を突き付けられたり(従業員以外の連帯保証人等)と、無理難題で頭を悩ますことも多々あると思います。

金融機関は、晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を貸さないで、「濡れてしまえ」という残酷な人たちなので、付き合うだけでも大変です。

うんざりしてしまいますよね。

そんな冷たい金融機関を頼らずに、資金調達する方法があるんです。

それは、ファクタリングと言って「売掛金をファクタリング会社が買い取り資金を調達する仕組み」です。

今回の記事では、弁当屋が資金調達に困ったときに使えるファクタリングについて書いていきます。

 

急ぎの資金調達ならファクタリング!

 

【売掛金を資金源に出来ます(国も認めた方法です)】

10秒の無料診断

 

日本最大級の資金調達情報サイト【資金調達プロ】

 

今なら、資金調達成功マニュアルを無料でプレゼント中!

 

ファクタリングの良いところ

ファクタリングの良いところ

✅まだ、手元に入ってきていない売掛金を現金化できる

✅審査から現金化まで、融資よりも早い

✅銀行、取引先に知られずに資金調達できる

✅事業運営に使用する資産・負債でも、貸借対照表に計上されない

ファクタリングの最大のメリットは、現在手元にない売掛金のお金が、現金化される事でしょう。

しかも、追加融資を金融機関等に断られても、ファクタリングではまだまだ審査可能な状況です。

取引先や、金融機関等に知られることもありませんし、貸借対照表にも計上されないので、秘密裏で資金調達が可能になります。

売掛金が多い配達専門の弁当屋

特に、弁当配達専門の弁当屋は売掛金が多いはずです。

配達中に一回一回お支払いをしていたら、配達どころではないので、ほとんどが売掛金です。

しかも、弁当屋のお客様のほとんどはリピーターの方ばかり。

ファクタリングの審査基準は、債権の償還能力に重きを置いています。

直近の決算書が赤字でも、長く取引があり、売掛金が一定して入金されていれば、十分審査は通ると考えられます。

ということは、弁当屋にとってはファクタリングの審査は通りやすいと言えます。

審査から現金化までが早いので弁当屋の資金調達の手段としては使えます。

しかも、仕組みとしてこんな感じなんです。

取引先に請求書を発行した後、請求金額をファクタリング会社より受け取り、売掛金が入金されてから、ファクタリング会社にお金をお支払いするわけですから、理にかなっています。

ファクタリングの悪いところ

ファクタリングの悪いところ

✅そもそも、売掛金がなければ現金化できない。

✅ファクタリング会社へ手数料の支払いが必要になる。

ファクタリングをするには、「売掛金がある」というのが最低条件です。

売掛金がない場合、ファクタリングは出来ません。

ですので、現金商売でやっている経営者の方には使えない資金調達法です。

ファクタリング会社への手数料について

ファクタリング会社への手数料は、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで手数料は、違ってきます。

2社間での取引の場合、手数料は高くなります。売掛債権の10%〜30%程度。

3社間での取引ですと、手数料は低くなります。売掛債権の1%〜5%程度。

3社間とは、ファクタリング会社・利用会社・売掛金企業の3社で行う取引ですので、売掛金企業にファクタリングをしていることがバレます。

しかし、売掛金企業が承諾すれば、信用が増えファクタリングの手数料は低くなります。

2社間の場合ですと、ファクタリング会社・利用会社のみ。

ファクタリングをしている情報は、外には出ませんが手数料は高くなります。

銀行融資とファクタリングの違い

銀行融資は、資金調達までに1ヶ月以上の時間が必要ですが、ファクタリングは即日の場合が多く、即効性が高いです。

手数料は、銀行融資の方が安いです。

ファクタリングの手数料は、2%~30%とファクタリング会社や取引によって違いがありますが、銀行融資と比べると手数料は高いです。

銀行融資は、担保と審査が必要です。

借入金ですので金利と返済義務が発生します。

しかし、ファクタリングは借入ではありませんので、金利は発生しません。

もちろん、借入ではないので返済義務も生じません。

ファクタリングの違法業者から回避する方法

ファクタリング業者の中には、危険な業者もいますので回避する方法もご紹介します。

✅手数料が30%以上は、異常。

✅別途何か要求されることを気を付ける。

✅2回目以降の手数料は割引がない。

✅手数料が明確化されていない。

✅最終入金金額を確認して、印紙代などを確認!

✅契約書がない場合は、ありえない。

手数料が30%以上は、異常。

手数料は、2社間ファクトリングですと、30%以上はあり得ません。

そういう業者の場合は、他を探しましょう。

別途何か要求されることを気を付ける。

ファクトリング会社の中には、正規の取引以外に利益を求めようとする会社もいます。

契約書をすべて確認することが大事です。

2回目以降の手数料は割引がない。

1回目は割引があり、2回目はないという場合もあります。

その場合、他のファクトリング会社を探しましょう。

手数料が明確化されていない。

取引に置いて、手数料が明確化されていないまま行うのは危険な行為です。

書面を出してもらい、すべて確認することが大事です。

口頭での取引はあり得ません。

最終入金金額を確認して、印紙代などを確認!

最終の入金金額を取引前にするべきです。

もしかしたら、手数料は安く、必要以上に印紙代や司法書士代が高い可能性もあります。

最終入金金額の確認は大事です。

契約書がない場合は、ありえない。

契約書も、説明書もない口頭のみの取引はありえません。

やめましょう。

ファクトリングは、国も認めている資金調達手段

今回の記事では、ファクトリングという資金調達は、売掛金を作りやすい弁当屋にとって最適な資金調達法だと言えます。

国も認めている資金調達手段ですので、上手に利用すればキャッシュフローも改善できます。

なので、自分の会社がファクトリングでどのぐらいの資金を調達できるか、知りたくなりますよね?

そんな人達の為に、ファクトリング会社が無料診断をオンライン上で出来るシステムを作ってくれました。

これで、どれぐらいの資金が調達できるか知ることが出来ます。

もちろん、ファクトリングしなくても大丈夫ですので安心して無料診断してください。


 

急ぎの資金調達ならファクタリング!

 

【売掛金を現金化】

まずは、無料診断でいくらになるか調べよう!

 

日本最大級の資金調達情報サイト【資金調達プロ】

 

今なら、資金調達成功マニュアルを無料でプレゼント中! 一見の価値あり!

 

資金調達法
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
なお

弁当屋の具体的なノウハウを教えます。
弁当屋歴15年で蓄積された経験をもとに、有意義な情報をお届けします。
記事では、「弁当屋開業のために必要なノウハウ」や「弁当屋に必要な衛生管理方法」、「大量調理について」などをこのサイトでは書いています。
東海地方出身の40代前半|調理師歴8年|弁当配達ドライバー歴7年|3児の父
弁当屋について知りたい記事がある場合は、問い合わせへどうぞ。

なおをフォローする
なおをフォローする
儲かるお弁当屋さん開業

コメント

タイトルとURLをコピーしました