おすすめ
スポンサーリンク

弁当配達の仕事があるんだけど、自家用車ってどうなんだろう・・・。

弁当を配達する仕事で、配達員の自家用車を使う仕組みを採用している企業は多い。要するに、委託事業ってことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)も飲食宅配代行サービスなわけで、委託しているわけです。

弁当配達の場合は、実は結構な量になる場合も多々あります。だって、Uber Eatsのように100食背負って配達お願いしますね!ってなったら自転車ではとても無理です。

それなりの運搬方法が必要なわけで、車が必要なわけです。

けど、自家用車はやめた方がいい。そこから今日は話していこうと思う。

この記事に書いてあること
・自家用車で弁当配達がダメな理由
・私のおすすめの配達の車

教えて!Gooにこんな投稿が!

弁当配達の記事を書こうと思って、ネットを徘徊しているこんな書き込みを見つけた。

弁当の配達依頼を自家用車でしたいのですが。

弁当を作っているところから、高齢者向けに弁当を作るので配達してくれないか?と頼まれています。謝礼は1件200円程度で1日3件~5件のアルバイトです。自家用車で配達しようと思うのですが何か法律に触れますか?またその仕事を受けるのに何か届出は必要でしょうか?
友達に自家用車を配達には使ってはいけないんだよと指摘を受けました。
自家用車で食材を運ぶアルバイトのようなものもありますから実際のところがわからず不安です。どなたかご存知の方がいらしたらアドバイスをください。
自家用車での食材の配達↓自家用車で食材を運ぶアルバイトがありました。http://198298.com/

参考:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8808894.html

凄いのは、1件200円程度で3件~5件のアルバイトでやる人がいるのがビックリします。1食の間違いだと信じたいです。ガソリン代も込みでやったらほぼ残らない気がします。あえてそこは無視をしましょう。こういうバイトは無理ゲーの場合が多いです。

でも、条件は違えど世の中この様な委託事業が増えている事は確かです。

雇う側からお話させていただくと、このような委託事業が出来るわけで、作って配達する人を見つけるだけです。どういう契約にするかは大事ですが、その場合、相手の配達方法もちゃんと考えてあげて欲しい。

法的にいいますと、弁当配達はどのような車でもOKです。だれも罰することは出来ません。届出を出す必要もありません。だからと言って、自家用車のトランクから弁当を出されても、お客様は怖いですよね。トランクって暑くない?荷物じゃないよ?って思うに決まっています。

配達側からしたら、「荷物」なんですがお客様から見たら「食事」です。この差が歴然としてしまうのが配達業務なんです。

雇う側は、そこの気持ちの部分もちゃんと考えて委託する必要があり、仕組み作りも大事になってきます。

このお悩みの人の仕事以外でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)のような自分の持っている配達道具でする仕事はたくさんあります。自転車ならまだいいのですが、車となると私は反対です。

反対の理由が3つほどあるので書いていこうと思います。

スポンサーリンク

弁当配達で自家用車はやめた方がいい理由は3つある!

自家用車で弁当配達を止めた方がいい理由は以下の3つです。

理由・食中毒の危険性が高くなる

・車が汚くなり、価値がなくなる

・お金がかかる

まず、食中毒の危険性が高くなります。温度管理が不十分の為、菌の増殖が速くなります。トランクなんかに入れて配達した場合、夏場はすぐに腐ると思います。腐るような仕事をして、社会貢献と言えません。むしろ、自分の利益しか考えていないような商売と言えるので、やめた方がいい。

二つ目の理由が、車が汚くなり、価値がなくなります。弁当配達は、汚い、臭い、重いの3Kの仕事です。弁当の中身が飛び出たら車が汚くなる。そして車の価値は下がります。弁当は、ものすごく臭いを発します。そして、臭いが車について価値が下がります。弁当って言うのは、本当に重いんです。特に女性は重く感じると思うので、弁当を車に乗せる時に、車が傷つき車の価値は下がります。最悪だと思いませんか?

三つめはお金ががかかるので、自家用車を使う弁当配達の仕事はやめた方がいい。委託業務で弁当配達をする場合、ガソリン代も、保険代も自分持ちです。まず、コストがかかるという意識が大事です。200円×5件=1000円ではガソリン代どころか自分の給料さえ出ません。車をぶつけても自分のお金から出さないといけません。弁当配達は「時間制限」があるから事故は付き物です。12時まで、18時までなど時間で縛られる為、焦るの車の事故が多くなるんです。事故のお金は誰が出すんでしょうか?自分ですよね?だからやめた方がいい。

本気で弁当配達の委託業務をやるなら自動車を買おう!

でも、本気で弁当配達を生業として委託業務をするなら、車を買うことをおススメします。けれど、弁当一本で買った車のお金を払えないと思うんです。よっぽど、いい条件なら別ですが、午前中で、1万稼いで、午後で1万ぐらい稼ぐぐらいの働きをしないと条件として合いません。

ですので、仕事選びは大事です。

弁当配達委託事業をしている企業は、けっこうあるんですが、その中でも弁当配達もするけど、他の荷物も運ぶっていう会社は多いです。弁当以外の物も運ぶわけです。

そうなると、もう本気の運び屋(運送業)になるわけです。そうなると、郵便局の荷物も運べるし、佐川の荷物も運べる。広がりがでるわけです。

ですので、弁当配達だけじゃなく、違うものも運んで稼ぐぞっていう気持ちが大事です。もちろん、それで生計を立てている人はたくさんいるし、実際頑張れば儲けれます。

だから、本気なら車は買っていいと思います。

弁当配達に使う車はコレだ!

では、車選びです。

私のおすすめする自動車は、ハイジェット!

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cargo/

この車の良いところは3つあります。

良い所・運転席から視界も良く、運転しやすい!

・荷物をのせるところがフラットになる

・荷物がのせやすい!形に特徴がある車

まず、ハイジェットは運転しやすい車です。アクセルを踏めば反応もいいエンジンですし、何より運転席からの視界は抜群にいいです。配達は長時間乗る為、運転しやすい疲れない車を選ぶべきです。

荷物を載せるところがフラットになり、水平に近い形を荷台に作れるのも嬉しい車です。基本は4人乗りの車なんですが、後部座席を畳んでフラットにできるのがハイジェットの最大の良い所なのではないでしょうか。フラットになることにより積み込みが楽になり、仕事もはかどるわけです。

そして、ハイジェットの車の形もいいところ!ハイジェットは四角いんです。

四角いとどうなるかというと、パンケースなど形の決まったものを積み上げる事が出来るんです。平に置くだけでなく、積上げることにより多くの荷物が運べます。荷台にたくさんの物を積み上げる事が出来るのがハイジェットなんです。これは、実際にパンケースを並べてみたらわかりますよ。他の車だと引っかかって積上げられませんので、配達する量は減ります。積上げることによりたくさんの物を配達できるわけで、大きく儲ける事が出来ます。ハイジェットは理想的な形をしているわけです。

ハイジェットは中古でも50万ほどで販売されているので、魅力的だと私は考えます。

そんなに多くの物を運ばないって言う人は、ホンダのジャイロキャノピーもいいのではないでしょうか。屋根付きバイクみたいなやつです。あれで、Uber Eats(ウーバーイーツ)を運んでも面白いかもしれませんね。

https://www.goobike.com/maker-honda/car-gyro_canopy/index.html

中古でもたくさん販売されているので、値段に見合うものがあるかもしれません。

車を買うなら大きく儲けよう!

という事で、今回は弁当配達をするなら車を買ほう!というお話をさせていただきました。

結局は、中途半端なちょっとした自家用車で出来る仕事を探している人は損をする仕組みになっているわけです。それよりも、自動車に先行投資をしてガッツリ稼ぐ方がいいでしょう。

ちょっとした仕事を探しているなら、今はUber Eats(ウーバーイーツ)!仕事をしながら社会の仕組みを知る事が出来て次につながります。

他にも、仕事はないかなぁって思っている人は、一度フランチャイズ比較のサイトを覗いてみてください。

もしかしたら、コレだ!って思う仕事が見つかるかもしれませんよ。もちろん、資料請求は無料ですので調べてみてください。

40代、50代からの雇われない生き方 フランチャイズの窓口

一緒に読んでもらいたい記事↓

スポンサーリンク
おすすめの記事