おすすめ
スポンサーリンク

写真加工ソフト

画像編集ソフトは、Photoshopを使え!特に弁当屋!

Photoshopとは?

Photoshopとは、Adobeが提供している画像編集ソフト。

要するに、画像が

こんな風になって

こうなったりもできます。

(その節はお世話になりました。キャンプに行くならめいほうキャンプフィールドがおすすめです)

 

そうなんですよ。

なんでも画像を加工できちゃうんです。

 

Photoshopとは、画像を無限にクリエイティブ出来るパソコンで使えるソフトです。

この画像編集ソフトを使えば、チラシはできるし、ネット広告もできる。

TwitterにもFacebookにも使えるし、本当に無限の可能性が出てくる。

 

もちろん、画像編集ソフトは、他にもある。

Photoshopだけではない。

無料で使えるソフトもあるぐらいです。

 

しかし、Photoshopが一番使いやすい。

っていうか、最初に使ったソフトがPhotoshopだったので、他に変えられなかったって言うのが本音かも。

初心者が、一度覚えてしまったら癖になるソフトです。

Photoshopが初心者にも使える理由

私も、画像編集初心者でした。

それこそ、撮った写真をそのまま使っている状態。

加工する事なんて頭にもありませんでした。

 

しかし、出会いは本屋さんでした。

パソコンの本がズラッと並ぶ中、目にとまったのが画像編集の本。

パラパラと見ていると・・・あれ、これ俺できるかも。

 

そっからです。

AdobeでPhotoshopをダウンロードして。

けど、やってみると、やっぱりわからないことだらけ。

 

でも

 

Photoshopのすごいところは、Photoshopの本がたくさんある所。

やり方が書いてあるんです。

だから簡単にできるようになってしまいました。

わからないことがあれば、ネットで検索すれば出てくるし、情報量はものすごくたくさんあります。

たぶん、Photoshopが一番あるんじゃないでしょうか。

それぐらい、困ったら助けてくれるのがPhotoshop。

だから、初心者でも出来ます。

Photoshopは、どのぐらい値段がかかる?

Photoshopは有料です。

それなりに、お金はかかります。

フォトプラン+Lightroom   年契約のみ ¥12,696/年

月払いで、1000円ぐらいで使えます。

ちなみにLightroomは、写真管理ソフトです。

なぜか、Photoshop単体で契約するより、+Lightroomの契約で安くなるプランがあるAdobe。

 

それと、AdobeとはPhotoshopを売っている会社で、他にもいろいろソフトがあります。

動画編集とか、ホームページ編集とか、編集と言ったらAdobe。

もちろん、プロも使っています。

 

そのソフトを1000円で使えるってすごいと思いませんか?

私は安いと感じています。

 

ちなみに、クラウド型なので、月額でしか契約ができません。

それと、パソコンに2Gほど容量はいります。

どれぐらいの期間で使えるようになった?

私は、1ヶ月でだいたい使えるようになりました。

もちろん、弁当屋の作業をしながらです。

本のおかげかなっていう気はしますが、使えるレベルまでは早かった気がします。

 

覚えるまでにしたことは、ひたすらパソコンの前で本を開いて画像を編集していました。

もちろん、近い目標を立てていました。

それは、

季節限定メニューの作成

この課題は、私を強くさせました。

そりゃ、最初の作品なのでひどいものですが、違いがハッキリしました。

 

写真が圧倒的にきれい!!

 

エクセルで繋げて作るよりも、圧倒的に画像がきれいです。

まったく写真が違います。

これが、画像編集ソフトの力です。

 

特に弁当屋は、イメージが命。

売れるのも、写真でイメージを膨らませることによって購買意欲がブワッと膨らんでいきます。

写真がダメだと売上にも影響を与えます。

だったら、写真はピカピカのものをつかったほうがいいですよね。

もちろん、お客様もそれは感じます。

売上は、上昇でした。

スポンサーリンク

まとめ

以上のように、弁当屋は画像編集ソフトで画像を編集することが売上を押し上げます。

もちろん、経費も削減できるので一石二鳥です。

画像編集できるだけで、世界観は変わりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事